​~ランニングを始める~

どうやって走る? ランニングフォーム編

良いフォームは疲れにくいランニング、怪我の防止につながらるランニングの基本の1つになります。アスリートのランニングフォームはカッコよく見えますよね。そう、カッコイイ走りができれば自分自身もウキウキしてきます!

基本的なフォームに少しずつ近づけ、理想の自分に向けての”近道”へと歩み出していきましょう!

 

腕を振る目的は、上半身と下半身の連動を活かして脚をより前に踏み出すためです。「腕を振る」と言われますが、意識は腕ではなく、『肩(肩甲骨周囲)』において振りましょう。

その結果、上半身が背骨を軸にねじられることが理想的な形になります。そのねじりが下半身に連動して伝わることで、目的とする脚の踏み出しがより楽になります。

ただ立っている状態から少し前傾姿勢にしようとすると、重力によって勝手に脚が前に出ていましますよね。

ランニングではこの“重力”を利用して前に進んでいきます。自分の力をより使わないエコなフォームです。

どのように前傾姿勢を保っていくか?1つは『お腹をへこますような意識』を持つこと。そうすると、背筋がピンと伸びたような感覚が得られると思います。もう1つが『あごを引く』こと。頭はとても重たいので、頭が後ろに傾いてしまうと上半身はその重さに耐えきれずに一緒に後ろに倒れ込んでしまいます。それを防ぐために、あごを引いて頭の位置を前に置くようにします。

 

この2つの意識で基本的な前傾姿勢が作れるようになると思います。

 
 

脚は自分よりも前で着地しようとしがちですが、その場合ブレーキがかかってしまいます。着地の基本は身体の真下です。そうすることで着地のブレーキを抑え、スムーズな前進ができるようになります。

お店のガラス越しや、走っている時の写真・動画を見ながら、真下に着地できているかを確認してみましょう。

 

これらの点を意識できるとよりエネルギーロスの少ない、疲れにくい、エコなランニングフォームができあがります。しかし、あまり意識をし過ぎて力んでしまうと力が伝わりくにくく、“疲れるフォーム”になってしまいます。

 

そのためにも普段のゆっくりとしたジョギングで、1つ1つ意識しながら走っていきましょう。時間と共に自然と形作られて、無意識で走れるようになっていきます。

フォームの基本ができてきた次は、実際にどのようにランニングを行っていけばよいか?次の項目では、1回のランニングでの基本的な流れをチェックしてみましょう。

1_Primary_logo_on_transparent_5000(1).pn
  • LINE__APP_typeA
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram

© 2017-2020 UNITED STYLE