プロテイン?アミノ酸? 何事も、まずは基礎から知ろう  ~タンパク質 #1~



「運動したら、肉!!」

「良質な油も摂れる、魚!!」

「ヘルシー志向に人気の、大豆!!」

どれも共通していることは、【タンパク質】ですね!

タンパク質はご存知のように、ヒトの筋肉を始め多くの組織や物質を形作る、無くてはならない栄養素の1つです。日常でもタンパク質に似た物を活用した食品が数多く並ぶようになってきました。特にランニングなどのスポーツを行う方は、疲労・ダメージから修復・成長を促すためにタンパク質を含む食品をよく摂られると思います。

そのタンパク質、今回はそもそもどんな栄養素・物質なのかを例を参考にしながらイメージし、様々なメカニズムを知っていく1ステップにして頂ければと思います。

目次

1.タンパク質とは?

2.私たちの身体とタンパク質

3.何を? どれくらい摂るべき?


タンパク質 解説

1.タンパク質とは?

 タンパク質は様々な食べ物に含まれますが、食べた時の状態のままでは消化吸収ができず、小さな形にバラバラに分解する必要があります。このタンパク質を最も小さな形にしたものが「アミノ酸」になります。

タンパク質はそのアミノ酸が50個以上結合したものを指し、英語は「protein」と表記します。

アミノ酸が2~49個までのものをペプチドと言います。ペプチドは更に細分化することができますが、今回は省略していきます。

タンパク質のイメージとしては、【真珠のネックレス】がわかりやすいと思います💡

写真の真珠1つがアミノ酸、ネックレスが1つのタンパク質に相当します。

元となるアミノ酸はヒトでは20種類が必要とされるため、1つ1つのアミノ酸が異なることで何千・何万通りのタンパク質が出来上がります。

また、タンパク質は上記の写真のような「一直線上」の形ではなく、ネックレスのように絡み合って「1つの塊」として存在します。


タンパク質 イメージ

1つ1つの真珠の形・大きさが違うことで、違う印象をもつ真珠出来上がることと似ていますね!

このように構成されるタンパク質は最も小さな形のアミノ酸に分解されてから、体内へと吸収されますがその後はどのように変化していくでしょうか?

次の項目では、その点についてお話ししていきます。

2.私たちの身体とタンパク質


アミノ酸プール

前項でもお伝えいたしましたが、肉・魚・野菜などで摂取したタンパク質は